1. ヘルプ
  2. 参加申し込みする

仮申し込みとは(参加申し込みと参加申し込み完了の違い)

 

全ての手続きが完了していない場合は「仮申し込み」状態となります。その場合は、実施行政機関の案内に従い、引き続き必要な手続きを行ってください。手続きは各行政機関によって異なります。

「仮申し込み」の状態では入札に参加することはできません。全ての手続きが終わると「参加申し込み完了」となり、その物件への入札が可能になります。

 

■参加申し込み完了の条件

参加申し込み完了の条件は物件ごと、保証金の納付方法ごとに異なります。

保証金納付方法 インターネット公売物件 公有財産売却物件
クレジットカードの場合

A. 行政機関による承認が必要な物件の場合:ウェブ上の申し込み完了時点では仮申し込みとなります。

B. 行政機関による承認がいらない物件の場合:ウェブ上の申し込み完了で参加申し込み手続き完了です。

ウェブ上の申し込み完了時点では仮申し込みとなります。 引き続き必要書類の提出などの手続きが必要です。
銀行振込などの場合 ウェブ上の申し込み完了時点では仮申し込みとなります。 引き続き公売保証金の納付と必要書類の提出などの手続きが必要です ウェブ上の申し込み完了時点では仮申し込みとなります。 引き続き入札保証金の納付と必要書類の提出などの手続きが必要です。
保証金不要な物件の場合

A. 行政機関による承認が必要な物件の場合:ウェブ上の申し込み完了時点では仮申し込みとなります。

B. 行政機関による承認がいらない物件の場合:ウェブ上の申し込み完了で参加申し込み手続き完了です。

ウェブ上の申し込み完了時点では仮申し込みとなります。 引き続き必要書類の提出などの手続きが必要です。

ウェブ上の申し込み完了後、KSI官公庁オークションより自動送信メールにて申し込み内容をお知らせいたします。 

仮申し込みの場合は、引き続き実施行政機関の案内に従って必要な手続きを行う必要があります。すべての手続きが完了し、行政機関が参加申し込みを承認した時点で参加申し込み手続きが完了となり、入札可能となります。

 

■仮申し込みの場合に必要な書類

仮申し込みの場合に提出が必要な書類は、インターネット公売物件と公有財産売却物件で異なります。

インターネット公売物件 公有財産売却物件
  • 納付書などの行政機関発行書類
  • 参加申し込み書などの行政機関発行書類
  • 添付書類(実施行政機関により異なります)
<例>
    • 住民票の写し(法人の場合は商業登記簿謄本)
    • 印鑑登録証明書

提出が必要な書類は、実施行政機関により異なります。詳細は各行政機関にご確認ください。

※仮申し込み完了後は、実施行政機関から必要な手続きについての案内がメールや郵送で来る場合もあります。

 

 

次のヘルプを読む